注意点を探る

黒板に「LEARNING」の文字

外国との取引なども増えている中では、翻訳作業が必要になりますが、翻訳会社に作業を依頼している企業等が多く見られています。翻訳会社を利用する場合の注意点としては、やはり翻訳にもそれぞれの特性をもった分野がある事は、予め認識しておくべきです。つまりは、翻訳会社にも得意分野があるという事でもあります。日本でも、科目別に数学が好きな人がいたり、化学が嫌いな人がいるのと同じ様に、専門性、専門的知識が必要な場面で、それをフル活用して翻訳作業に打ち込む事ができる場面がそれぞれにありますので、依頼先を選定する必要があります。

翻訳会社については、それぞれに専門性をもって、あるいは得意分野等をもって作業を実施しています。例えば、現在引き合いの多い案件としては、やはりIT産業などの分野があります。続々と新しいソフトウェアを開発・販売していますので、海外に出す場合には、仕様書などが必要になります。IT関連については、インドがその能力を発揮しており、小さい時からIT教育も盛んに行われています。日本で実施される翻訳作業と交差している事などもあります。また、医療分野においては、論文を海外に発表する際には、特に医療専門用語が必要になります。研究者は海外で発表された論文を英語で読む事はできても、自分の論文を海外に向けて発表する場合には、翻訳会社と提携して論文を完成させているケースなどが多くあります。